デュタステリドは市販品?研究者が他の育毛剤とデュタステリドを比較してご説明します

デュタステリドは市販品?研究者が他の育毛剤とデュタステリドを比較してご説明します

生える
あなたは薄毛を、ハゲを、治したいんですよね?

もしそうでないなら、育毛剤コレクターとして
今後も頑張ってください。

本気でハゲを克服したいあなたは、最後まで読んでください。
あなたが知るべきことが書いてあります。

本気で薄毛を治したいあなた
デュタステリドに注目したのは大正解ですよ。
その理由をご説明しますね。

デュタステリドは市販されていません

デュタステリドは薄毛治療を目的とした医療用医薬品です。
市販されていないため、
ドラッグストアなどでは購入できません

質の低い海賊版のデュタステリドであれば、
輸入代行業者に仲介してもらうことで
外国製のデュタステリドを個人輸入して購入できます。

本物のデュタステリドを使用するには、
お医者さんに処方箋を書いてもらって、
ザガーロという商品名の製品を購入することになります。

ザガーロは、一般の皮膚科では取り扱っていないクリニックも多く、
自費診療となるため割高になってしまいます。

そのため、
安全に安く購入する方法として、
当サイトは、育毛専門クリニックで処方してもらうことをお勧めします。

育毛専門クリニックは、
一般の皮膚科では行えない独自の発毛技術があります。
この独自の発毛技術は、発毛力としてはザガーロを超えるものがありますし、
劇的な増毛をしたい人の選択肢ですが、高価です。
(今はローンを組むことができるクリニックが多いため、本気で受けたければ誰でも劇的な増毛が可能です)

そのため、
独自の発毛技術で売り上げを伸ばしている育毛専門クリニックは、
ザガーロで商売をする必要がないんです。

ですから、
ザガーロは育毛専門クリニックで処方してもらうのがお勧めなんです。

話を戻しましょう。
一般的な育毛剤とデュタステリドの比較、でしたね(^^;)

デュタステリドは医療用医薬品です

わかりやすくするために、
ざっくりとまとめてみますが、

医療用医薬品:処方薬、病院で医師が処方する薬。効果が強い。

OTC医薬品:市販薬、ドラッグストアなどで購入できる。効果が弱い。

です。

一般的な育毛剤は医薬部外品
または<薬用>育毛剤です。

そう、医薬品ですらないんです

医療用医薬品OTC医薬品医薬品です。
当然、効き目厚生労働省のお墨付きです。

日本では人体に影響を与える効果が高いものは勝手に売ることができません
厚生労働省が安全性を確認した上で「医薬品」として効果が高く安全であることを保証してくれます。

その保証の一環として、
特に効果の高い薬は、医療用医薬品として、
お医者さんの管理の元で使用するように決められているんです。

逆に、効果の弱いものは
厚生労働省が「医薬部外品」として効果が弱く安全であることを保証してくれてるんです。

これ、冗談じゃないですからね。
効果が弱いことを厚生労働省が保証してくれてるんです。
医薬部外品を使って「効果が弱い」って、うんそうだよ。って感じです。

さらに<薬用>育毛剤の分類は、
もう、その、、これ以上は言いたくありません。

医療用医薬品であるデュタステリドと他の育毛剤は、
比較ができないくらいの差があるんです。

では、医薬品となるためには何が必要なんでしょう?

それは効果が高いことを示す科学的根拠です。

科学的根拠のない育毛剤は、恐ろしいですよ。
なんだっていいんです。

例えば、

ドラム缶一杯の水にヤクルト一本混ぜて、
乳酸菌生産エキスが入ったスゴイ水とか言って売っちゃえばいいんですから。
私はこれで毛が生えましたって体験談(*個人の感想です)をのせておけば、
いい感じに効きそうじゃないですか。

え?効果がなかったらどうするんだって?

いやいや、人間の思い込みってスゴイですよ。
毛が生える水ですよって言って飲ませれば、
プラセボ効果6%くらいの人は実際に毛が生えちゃうんですから(1)。

プラセボ効果は心理的影響が体に現れる現象です。
ただの水を魔法の水だと言って飲ませたら、
病気が治っちゃったとか、そんな現象です。

それで、その6%の人に口コミを書いてもらえばいいんです。
真実の口コミです。

ね?
なんか、科学的根拠がないとやばそうでしょ?

育毛剤の科学的根拠ってなんなの?

学会発表レベルは、誰でもできるんですよ。
それでは大した根拠にはなりません

覚えてますか?
iPS細胞のパチモン科学者
あんな嘘つきでも学会発表ぐらいできるんです。

学会発表なんて大した信頼性はないですからね。
気をつけてください。

それでも学会発表してないよりはいいと思いますけど。
育毛効果を学会で発表する意味と意義

自社調べなんてもっとダメですよ
んなもんいくらでも演出できます。
テレビマンの言う演出です。
科学的根拠はないに等しいです。

では、何が科学的根拠として適当なのか?

科学的根拠の一般的なハードルは、

掲載にあたって審査がある科学雑誌に論文がのっているかどうかです。
当然、英語の雑誌です。

これがどうして大事なのか?

そもそも、審査をする人はその分野の権威とも言える科学者です。
知の巨人です。
その人を納得させる根拠をデータとして揃えなければなりません。

そして、英語であることも重要です。

例えば、あなたがとんでもない世界をゆるがすぐらいの発見をしたとして、
隣の家で力説しても意味はないですよね。

世界に広く知ってもらうことが重要です。
そのためには日本語で書いててもダメなんです。

科学の世界の共通言語は英語です。

だから、
自分の研究結果を認めてもらうために、
みんな英語で論文を書くんです。

科学的根拠がある育毛剤

例えば、本当に実験をして育毛効果があったなら、
英語で論文を書けばいいんですよ。
雑誌に通せばいいんです。
間違いなく評価されますから。
研究にかかる費用と同額の宣伝費用をかけるよりも効果的です。

なぜなら、本当に効果があるなら
世界中の研究者が後追いで検証なり追試なりをして、
続々と論文が発表されるからです。

続々と論文が発表されたらどうなるのか?

厚生労働省に認可してもらえるじゃないですか。
新薬誕生ですよ。
特許を取っておけば大金が稼げます

実際にそれをやったのが、
デュタステリド、フィナステリド、ミノキシジルです。

他の育毛剤とは比べるのが失礼なレベル差があります

そして、その中でも、さらに効果が高い部類のものが、
医療用医薬品であるデュタステリドとフィナステリドです。

ここまで来て、ようやく、私がいつも言っている
フィナステリドよりもデュタステリドの方が効果が高い。
というレベルの話になるんです。

いくら効果が高いと言っても、おそらく、
あなたが想像している一般的な育毛剤ぐらいの効果しかありません。

一方、一般的な育毛剤は、ほとんどの製品で、
あなたが期待しているような効果はありません

ぜひ、当サイト、育毛研究所Age35で最強の育毛剤デュタステリドについて学んでください。
あなたの本当の育毛が始まると思います。

そんな最強の育毛剤であるデュタステリドにも限界があります。
育毛剤ってどのくらい効くのかな?と気になっているあなた、
今現在最強の育毛剤の限界をご覧ください。
強の育毛剤であるザガーロの限界とは?(効果と副作用)

あなたが知るべきこと

あなたは、ネットで育毛剤を購入して育毛したいのではないですか?
最強の育毛剤であるデュタステリドを使用してみたいけど、ネットで売ってないかな?
と思ってませんか?
売ってないです。
売っていても偽物の可能性が高いです。
でも、確実に本物のデュタステリドが買えますし、使用できます。
その秘密はこちらの記事にあります。
育毛専門クリニックが近くにない?オンライン診療がありますよ!

参考情報

(1) http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

*このブログでは、研究結果を中心に情報を提供していますが、研究結果は間違っていることも多くあります。そういう研究結果もあるんだ。ぐらいの気持ちで情報をみてください。絶対こうだ!とは思わないのが正しい姿勢です。