ハゲがモテない理由を知りましょう

ハゲがモテない理由を知りましょう

コンプレックス
ハゲがモテないという科学的根拠は前の記事でご紹介しました。
ハゲがモテないという悲しい科学的事実

では、
なぜモテナイのか?

そして、
どうすればモテるのか?

科学的に解説します。

ハゲは人生を損している

これは当たり前の話ではありますが、
中国の研究で、
円形性脱毛症の患者の生活の質(QOL:quality of life)が
明らかに低かったというものがあります(1)。

ハゲている人もハゲていない人も、一度きりの人生です。

それにもかかわらず、
ハゲていると生活の質が低くなってしまうのです。
ハゲていると人生の質が低くなってしまうのです。

一度きりの人生なのに!!

もったいないと思いませんか?

モテたいと思うなら、最高の治療を受けましょう。
え?
クリニックは通うのが大変だ?お金がない?
いえいえ、あなたのお部屋から一歩も出ることなく、
月に8000円で最高の育毛剤を使用できます。
育毛専門クリニックが近くにない?オンライン診療がありますよ!

性的自尊心は性格にも関係する

ちょっと難しい書き方をしてしまいましたが、

自分の性的魅力に自信があると、

・ 神経質ではない
・ 社交性がある
・ 愛想がよい
・ 誠実である

といったポジティブな性格になる

という研究結果があります(2)。

自分が性的に魅力的だと思えれば、
ポジティブで魅力的な性格になっちゃうんです。

では、
性的魅力に自信があるって、どういうことかというと、

「俺のこんなところが女の子をメロメロにしてしまうんだよなぁ。」

という妄想・勘違いができるってことでしょうね。
もちろん中身がともなっていればもっと良いですよね。

勘違いはさておき、
その結果として生まれる性質、

・ 神経質ではない
・ 社交性がある
・ 愛想がよい
・ 誠実である

どう考えてもこの性格(性質)はモテますよね。
つまり、ハゲていても自分の性的魅力に自信を持てば良いんです。

言い方を変えると、
自己評価をあげるということです。
意識的にでも自己評価を上げてしまえばいいんです。

間違っても、イタいやつになってはダメですよ。

「あー、あの子も俺のこと好きだわー。モテるってつらいわー。」

こんなこと、死んでも口に出してはいけません。
こんなキャラになったら、あなたの人生は終わりです。
生まれ変わりましょう。
簡単です。
すべての人間関係を切って、引越しすればいいと思います。

では、
正しい自信を持つには、どうすればいいのか?

ハゲは自分について自信を持てば良い

これはハゲに限らない話なのですが、
自分の身体的特徴に不満があると
不安になったり
落ち込んだりして、
自信が持てない
という研究結果があります(3)。

大抵の人は、なんらかの身体的コンプレックスがあります。
その身体的不満を解消することが
自信を持つ上で最も確実な解決策なのです。

つまり、
薄毛の人が自己評価を上げる最も確実な方法は、
ハゲを治せば良いんです。

別にカツラでも良いんですよ。
実際に、
これは女性についての研究結果なのですが、

薄毛の人がカツラをすることで、
生活の質(QOL:quality of life)が上昇し、
自信が得られた

というデータがあります(4)。

カツラでさえ、そうなんですから、
実際に自分の髪の毛が増えたら、
その効果は大きい
でしょう。

そんな簡単に増えるわけないじゃんって思いました?

いえいえ、
簡単に、
かなり確度が高く、
増毛できる方法があります。

髪の毛を増やす方法は、当サイト、育毛研究所Age35にしっかり書いてあります。
ぜひ読んでいってください。

増毛効果にうるさい育毛研究所Age35がオススメする育毛方法
男性のための育毛戦略

あなたのお部屋から一歩も出ることなく
育毛専門クリニックの最高の治療を受ける事ができるのがオンライン診療です。
育毛専門クリニックが近くにない?オンライン診療がありますよ!

参考情報

(1) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24628099
(2) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27186198
(3) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26929171
(4) http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25632645

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

*このブログでは、研究結果を中心に情報を提供していますが、研究結果は間違っていることも多くあります。そういう研究結果もあるんだ。ぐらいの気持ちで情報をみてください。絶対こうだ!とは思わないのが正しい姿勢です。