AGA治療(FAGA治療)でやってる発毛治療って効果あるの?

AGA治療(FAGA治療)でやってる発毛治療って効果あるの?



AGAは男性、FAGAは女性で起こる
男性ホルモン由来のハゲのことです。

育毛専門クリニックで行われるAGA治療・FAGA治療は
・ 育毛薬の処方
・ 育毛メソセラピー
・ 低出力レーザー治療
・ HARG(ハーグ)育毛治療
などがあります。

当然、発毛効果はあります。
自宅で行う育毛方法よりも強烈に効きます。

では、実際にどのくらい効果に差があるのか、
ご覧ください。

AGA治療(FAGA治療)で最も効果が高い発毛治療はHARG(ハーグ)育毛治療

育毛薬、育毛メソセラピー、低出力レーザー治療はどれも発毛効果がありますが、
最高の効果が得られるのは、
HARG(ハーグ)育毛治療です。

男性向け育毛薬で最も効果の高いザガーロの効果はこちら
最強の育毛剤ザガーロの限界【効果と副作用】

低出力レーザー治療も発毛効果が得られる治療方法です。
自宅で行うことができる製品ヘアマックスの記事はこちら
ヘアマックスの効果的な使用頻度と効果が出るまでの期間は?

この治療方法は、
脂肪幹細胞が作り出した成長因子を
頭皮に直接注入する方法です。

以前は注射器で頭皮に注入していたのですが、
現在は

・ ノンニードル法(注射針で注入しない方法)
・ 痛みを与えにく成長因子のカクテル
・ 麻酔方法の進歩

などによって痛みをコントロールすることが可能になっています。

治療期間は3-6ヶ月かかるため、
費用は最終的に50-100万円程度かかってしまい、
かなり高額な治療方法ですが、

一度この治療法を行えば2年以上、
自分の頭皮が髪の毛を生やしてくれる効果が持続します。

ひと月に1万円の育毛剤を使用することを考えれば、
2-3年で元が取れることになります。

しかも、育毛効果は現時点で最高です。

では、どの程度の発毛効果があるのでしょうか?

HARG(ハーグ)育毛治療の発毛効果

実は、本当に最新のHARG(ハーグ)育毛治療の発毛効果を知ることはできません、
それを知っているのはHARG(ハーグ)治療センターの方だけです。

なぜなら、
最新のHARG(ハーグ)育毛治療では、
頭皮に注入する成長因子は、新しく2倍の配合量のものなどが使用されており、
その他にも様々な栄養成分などをカクテルした育毛液を使用しているため、
さらに効果が高いものになっているからです。

ただ、比較的初期にAAPE単体で行ったHARG(ハーグ)の効果が研究報告されていますので、
そちらの結果を見て、それよりも効果が高いことを認識していただきたいと思います。
Hair Regeneration Treatment Using Adipose-Derived Stem Cell Conditioned Medium: Follow-up With Trichograms.

その報告によると、
20-70歳の11人の男性と11人の女性に
HARG(ハーグ)治療法を3-5週間に一回、
合計6回行ったところ、

直径11mmの円内(0.95cm2)に、
男性で29
女性で15.6

増毛しています。

1cmかける1cmの範囲に換算すると、

30.5本/平方cm
16.4本/平方cm

増毛できていることになります。

この増毛量は最強の育毛剤ザガーロの6.9倍です。

この増毛量は最強の育毛剤ザガーロの6.9倍です。

で、どのくらい増毛できているのか?
実際の写真をご覧ください。

上の写真の
(A)は治療前
(B)は治療中(4ヶ月目)
(c)は治療後(10ヶ月目)
(D)は治療後(2年1ヶ月目)


上の写真の
(A)は治療前
(B)は治療後(7ヶ月目)
(c)は治療後(1年10ヶ月目)

実際のHARG(ハーグ)育毛治療は、
さらに様々な栄養成分などを加えたものが実際の治療に使用されているのですから、
もっと効果が高くなっていると考えられます。

最強のAGA治療はHARG(ハーグ)育毛治療なんです。

超重要ポイント!
しかも、
6回の注入後に、育毛剤や育毛薬は使用していません。

この治療方法を開発したのは日本人であり、
外国では受けることができない超貴重な治療方法です。

せっかく日本に生まれたのですから、
それを利用しないなんてもったいなくないですか?

世界中で最も効果の高い育毛治療は、
日本で行われているんです。

こちらのページにはHARG(ハーグ)育毛治療を受けることができるクリニックをまとめてあります。
HARG(ハーグ)育毛治療ってどんなことするの?【効果と費用】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

*このブログでは、研究結果を中心に情報を提供していますが、研究結果は間違っていることも多くあります。そういう研究結果もあるんだ。ぐらいの気持ちで情報をみてください。絶対こうだ!とは思わないのが正しい姿勢です。